金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

お客様の声

当ショップで浮世絵をご購入いただいたお客様の、よろこびの声をお届けします。

お客様の声:「縁起担ぎの効果もアリ、飾り方はスタッフのアイディアです」

ソフトウェア・ホームページ制作 有限会社フューチャーベース
代表取締役 山口良二様

有限会社フューチャーベース

会社に飾る絵なら、まずは縁起のいいものを飾りたいと思いました。
前に風水か何かの情報で「神奈川沖浪裏」がいいと聞いたことがあって(笑)。詳しいことはわかりませんが、迫力があるし見ているだけで元気が出ますよね。スタッフからも好評で、「アートがあると余裕がある感じがしていいですよね」と言われました。仕事も毎日忙しいですし、僕としては縁起担ぎの効果も感じられる素晴らしい絵だと思います。

この飾り方はスタッフのアイディアなんですけれど、初めて見た時は思わず「オォ!いいね!」って声が出ました。たぶん浮世絵木版画は額縁に飾るのが王道なのかもしれませんが、この透明アクリルのフォトフレームに入れれば気軽にどこにでも飾ることができるんですよね。自分の手に持って、しげしげと眺めこともできるんですよ。ミーティングルームのテーブルに飾っていると来客されたお客様と浮世絵の話にもなります。
縁起担ぎで購入した浮世絵ですが、シリーズ物って揃えたくなるんですね(笑)。
次は何にしようかなぁ、なんて思ってます。

↑ ミーティングルームにピッタリ。
↑ ミーティングルームにピッタリ。

お客様の声:「世界にたったひとつの贈り物が出来ました」

会社関係の大事な外国人の方へお渡しする贈り物を探していました。
贈る私達のこだわりは、“同じものが他には無いこと”だったのです。唯一無二の、しかもオリジナリティのある心のこもった贈り物をしたいと思っていました。

その方は、日本文化や芸術をこよなく愛する方ですので、贈り物を探す私達の選択は浮世絵に目が向いていきました。しかし、浮世絵を贈るだけではオリジナリティがありません。

そこで閃いたのは、浮世絵に絵を描いてもらうのはどうだろう? しかも、その方にまつわるものを描けば、それこそ唯一無二の素晴らしい贈り物になる!そう思い、浮世絵を販売しているサイトをインターネットで探し、岩下書店さんにお願いをしました。
何度か打ち合わせをし、スムーズに納品をしてもらうことができました。

私達は大事なお客様へ、世界にたったひとつの贈り物ができたので大満足しています。

「冨士三十六景 駿河薩タ之海上」絵師 歌川広重

元の浮世絵です 弊社オリジナルの浮世絵です(船が追加されています!)
↑元の浮世絵です。
弊社オリジナルの浮世絵です。
(中央に船が追加されています!)

お客様の声:「浮世絵をつうじてコミュニケーションが広がりました」

入所者の方々に喜んでいただけると思い、介護施設内に浮世絵を飾り始めました。
もともと私は幼少の頃から浮世絵が大好きで、たとえば浮世絵の記念切手が発売されると聞くと並んで買いに行くくらい夢中でした。個人的には写楽のような役者絵の作品が好きなのですが、施設に飾るにはちょっと雰囲気が違いますから、やはり多くの方に親しんでいただきやすい「富嶽三十六景」や「東海道五十三次」のシリーズから、少しずつ揃えています。

施設内に飾り始めて私が嬉しく思ったのは、入所者の方々とスタッフのコミュニケーションがより増えたことですね。浮世絵にはストーリーがありますから、スタッフ達に楽しくそれを学んでもらい、入所者の皆さんと会話がひろがっていくというのは大変素晴らしいことだと思います。入所者さんのなかには浮世絵に大変詳しい方もいらっしゃいますので私達が教えてもらうこともあります。

浮世絵をつうじてコミュニケーションがより広がったことを大変嬉しく思っています。

施設の廊下に飾っています
↑施設の廊下に飾っています。
額縁の色合いもマッチしていて、
良いインテリアになっています。