金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

初めての方へ

なぜ他社様よりお求めやすい価格でご提供できるのか?

それは、越前奉書(和紙)のサイズに秘密があるのです。

大学ノートと重ねてみると

弊社の浮世絵はA4サイズの大学ノートより、
ほんのひとまわり大きい大変扱いやすいサイズ。

・富嶽三十六景 約32.5cm×22cm /画寸 約29cm×19.5cm
・東海道五十三次 約34cm×22.5cm /画寸 約31cm×19.5cm
・東洲斎写楽撰 約34cm×24cm /画寸 約31cm×21.5cm
・歌麿名作拾遺集 約40.5cm×28cm /画寸 約37cm×25cm
※こちらは大判サイズになります

弊社提供の中判サイズ 約32.5~34cm×22~24cm

浮世絵は用途に合わせて紙を断裁しますが、ほぼサイズは決まっているのです。
代表的なのが、大判(約38cm×26cm)というサイズになり、他社様から出ている復刻版はほぼ大判になります。そこで弊社は、大判よりもひとまわり小さくした中判(約32.5~34cm×22~24cm)でご提供させていただき、お求めやすいお値段設定が可能になったのです(一部商品を除く)。

制作工程のみで考えれば、大判も中判も制作工程はまったく同じ。
むしろ中判はサイズが小さくなるぶん、作業がより細かくなり手間とコストがかかるのです。
しかし弊社は、日本の至宝である浮世絵の伝統を末永く残し、その素晴らしさを現代の方々に数多く触れていただきたいと考えております。
そのために、中間経費を最大限に圧縮し、可能な限りお求めやすい価格でご提供させていただいております。本来、大衆のものであった浮世絵。
江戸時代のもっとも華やかで活気のあった時代の息吹をご自宅でぜひとも感じていただければ幸いです。


額の裏面はこのようになっています

額縁サイズ:ヨコ44.5cm×タテ37cm
マット窓部分サイズ:ヨコ28.5cm×タテ19cm
重量:1,320g

扱いやすいサイズだからこそ、安心して持ち運びができます

約32.5~34cm×22~24 cm(一部商品を除く)の大きさですので、スーツケースにらくらく収納できます。
厳重な梱包により折れ曲がりの心配なく海外へお持ちいただくことができます。
額装の重さは、中判箱なしで1,320グラムです。壁に掛けるのにも安心の重さです。


シートを手で持つとこのサイズ

額に入れた場合

スーツケースにシート梱包(シート
を梱包したもの)を入れた場合

スーツケースに額装梱包(額を
梱包したもの)を入れた場合

※写真スーツケースのサイズ:外寸約73×55×幅25cm 内寸約70×50×幅15cm

復刻版の秘密。浮世絵のできるまで

江戸時代当時の人々が手に取った物と同じ、摺りたての「復刻版浮世絵」ならではの色の鮮やかさと風合い。どのように作られているか、江戸時代からの職人技を引き継ぐ、現代の名工の仕事をこちらのページでご紹介しています。

大胆に動く鑿 彫師の指先となる大切な道具

摺師の手により、絵師と彫師の思いを摺り上げる馬連 摺師の手により、絵師と彫師の思いを摺り上げる馬連

充実のサービス。安心の梱包やお客様の声

法人の方向け、海外のお客様向け、贈り物用に・・・など、様々な場合に対応した
充実のサービスをご用意しております。
気になるメニューをクリックしてください、詳しく説明しています。

色々なご注文方法やお支払いにご対応、お買い物ガイド

ご注文はオンライン、お電話、FAXで受け付けております。
お買い物ガイドページでは、ご注文方法についてだけでなく、お支払いや配送、梱包、各種書類についてなど当店でのお買い物について詳しく説明しています。