金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

安心の梱包

安心安全の梱包発送

発送の際、作品が折れたり、傷ついたりすることはないですか?
特に額装は割れてしまわないかと心配・・・・
お客様からそのようなお声を頂くことがございます。

大丈夫です、ご安心ください。
弊社では商品の特性に合わせて『安心安全の梱包』で発送いたしております。

額装の場合

弊社の専用額は割れにくいアクリル素材を採用。また、アクリルは退色の原因となる紫外線をカットします。

・厳重な梱包
発送の際には、梱包資材と段ボール包装で商品をしっかりと梱包。海外発送にも対応可能な厳重な梱包を施しております。

絵(シート)の場合
折れ曲がり防止の厚手段ボールで絵を上下から挟み込み、さらに緩衝剤を巻いてお送りいたします。
薄いシートでもしっかりとした梱包は、お客さまからご好評を頂いております。
海外への持ち運びもらくらく! スーツケースにジャストフィット

弊社の木版画は中判サイズ(約32.5~34cm×22~24cm)(*東海道五十三次 富嶽三十六景、東洲斎写楽撰に限る)ですので、スーツケースにらくらく収納できます。 厳重な梱包により折れ曲がりの心配なく海外へお持ち頂くことができます。(*)

(*)スーツケースに同梱される際は、商品の上に重いものが乗らないように荷造りをお願いします。
持ち運びに関してはお客様のご判断でお願い致します。輸送時の商品の損傷に関して弊社では一切の責任を負えません。あらかじめご了承くださいませ。

熨斗
贈答品には欠かせない日本の文化、熨斗。
熨斗は贈答先や目的によって用途を使い分ける必要があります。
代表的なものは水引が
・蝶結び・・・・・ 出産など何度あっても喜ばしい慶事に
・結びきり・・・・・結婚など一度きりの慶事に(弔事も結びきりになります)
となっており、共に水引の上段にはその目的を。そして下段には送り主のお名前を記入します。下記が書き方の例になります。
・熨斗を掛ける場所~内熨斗 外熨斗~
熨斗の掛け方は贈り物に直接掛ける内熨斗と包装した上から掛ける外熨斗の2種類があります。
内熨斗は商品に掛けてその上から包装しますので、外からは見えません。内祝いなど内々の
お祝いに用いられることが多く、控えめな表現の仕方になります。一般的にはこちらが用いられることが多いです。
一方、外熨斗は包装したのちに掛けますので非常に目立つ表現になります。
そのため、贈り先様へどのような目的で送られたかがひとめでわかるため、出産、結婚祝い等に用いられる場合が多いです。
奥付作成
~せっかくの記念品だから何か一言をさりげなく添えたい~
そんな想いを表現できるのが奥付です。額の裏側(右下)にあなた様のお気持ちを記した奥付(名刺大の大きさ)をお貼りするサービスも行っております。
・記念日の記録として
・思い出を刻むメッセージとして
さまざまな形でご対応させて頂きます。
ご希望の方はお気軽にご相談くださいませ。