金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

「清方と新春の風景」を見にいざ、鎌倉。

小春日和な本日、鎌倉へ
企画展「清方と新春の風景」を見に行ってまいりました。

1

爽快な青空のもと、
わんさか人が行き交う小町通りをぐんぐん進み、

2

目的地は鏑木清方記念美術館。
小町通りの途中で横道に入ります。
いきなり人通りがぐっと少なくなり、
違う町にいるみたいです。

3

4

こちらは近代日本画の巨匠、
鏑木清方(かぶらき きよかた)画伯の
終焉の地、鎌倉雪ノ下の旧居跡に建つ和風建築の美術館。

企画展「清方と新春の風景」は
鏑木清方が描いた新春の風景と共に
名押絵師・永井周山によって意匠化された羽子板
『明治風俗十二ヶ月』が展示されています。
(来年1月15日(日)まで開催)
この羽子板が3Dといいますか、
すごく立体的で面白いです。
子どもの頃、半立体の着物の女の子を描いた重たい羽子板で、
必死に羽根つきしたことを思い出してしまいました(笑)。

色彩鮮やかな双六なども展示され、
新春の清々しい空気感と華やかな風情も感じました。

でも中には
悲しい作品も・・・。
『ためさるゝ日』です。
江戸時代、長崎で行なわれていた
遊郭の正月行事「踏絵」を描いた作品です。
うつむいた女性二人のなんて悲しい表情。
「踏絵」が正月行事だったなんて・・・。
(一番上の画像の二人です)

爽やかな気持ちになったり、
ちょっと物悲しくもなったり、
しかし外に出ると、あぁいい天気!!!

館内は撮影禁止なので庭園を撮ってきました。
陽が射して気持ちよかったです。

5

6

きれい・・・

さて再び、小町通りにて駅方面へ進もうとしますが、
あまりの人の多さでなかなか前へ進めません。
なので、若宮大路に出て、サクサク進みます。

7

どどーん!
青空をバックにした二の鳥居。
美しいですね!!

8

9

ずっと工事中だった段葛も今はすっきり!

そして参拝をするかと思いきや
反対方面にあるこちら、通称レンバイへ。

10

おしゃれな鎌倉野菜を買いたいわ〜と
思っていたのですが、午前中に行かないとダメですね。
ちょっと品数が減っていました。

でもせっかく早足で来たのだから
何か買って帰りたいなーと見ていると

『食べてみっか!?』←おじさん
『えっ!?(喜)』←私

11

ストーブの上で焼いていた熱々の焼き芋もらっちゃった。
これが甘くて美味しいのなんのって!

12

おじさん、ありがとうございます。
あんまりにも美味しかったので
サツマイモと大きくて立派な生姜も買いました。
商売上手なおじさん。

13

小さなショッピングエリアに立つ
クリスマスツリー。
鎌倉の町に飾ってあるだけで
おしゃれに見えるのは私だけでしょうか。

14

レモンクリームがジュワッと敷き詰めてある
昇天クレープ食べました。
↑正式名称じゃないです、私のネーミングです。

15

劇的にロマンチックな景色を
江ノ電の車内から撮ってみました。

16

江ノ島も今すごいことになっていますね!
湘南の宝石2016-2017〜江の島を彩る光と色の祭典〜ですよ!!
(2017年2月19日(日)まで)