金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

北斎の描いた雪景色

昨日は降りましたね、雪!

天気予報で降ると聞いていたものの
朝起きてカーテンを開けた時にはびっくり。

街路樹の紅葉に雪が降り積もっていく
なんとも不思議な景色を眺めた1日でした。

そして今朝は
太陽がまぶしい!

昨日の雪は、
家々の屋根に
うっすらと残っていますが、
それもまもなく消えてゆくのでしょう。

さて
こちら、今日の気分に合っていませんか?
(勝手に気分を決めてすみません・・・)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-8-58-33

北斎の『礫川雪ノ旦(こいしかわ ゆきのあした)』です。
ちなみに北斎が富嶽三十六景で雪の風景を描いたのはこちらだけ

前の晩にシンシンと雪が降り積もったのでしょう。
すっかり銀世界に変わった江戸の町。

文京区小石川の高台にある茶屋で
朝から雪見客が集まっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-8-59-34

茶屋でワイワイと楽しそうに過ごす
女性たちの姿が微笑ましい。

一人の女性が指差す方には
三羽の鳥が空を舞っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-9-00-07

その向こうに富士山がくっきり。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-9-00-42

小さな存在ですが、
この三羽の鳥がいるといないとでは
画中の雰囲気が大きく変わると思いませんか?

この三羽のバランスは
北斎ならではの緻密な計算によるものだと思います。

あぁそれにしても
なんて気持ちの良い絵でしょう。

今日も佳い1日でありますように。