金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

ヒロ!? 広重オリジナルの家紋

愛知県の鳴海には、有松・鳴海絞(ありまつ・なるみしぼり)という名産の絞り染めがあり、
広重の東海道五十三次『鳴海 名物有松紋(なるみ めいぶつありまつしぼり)には
その絞り染めを商っているお店が描かれています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-20-38-54

店の暖簾に、菱形の模様が描かれていますね。
一見すると商店の印かと思われますが、
実はこれは、絵の作者たる歌川広重の家紋なのです。
さらに言えば、これは広重自身が考案した、彼しか用いない固有の紋

2

紋の基礎となっているのは菱形で、
菱の中にまたひとつ小さな菱があります。かと思えば、中の小さな菱には、
左側に不自然な線が入っています。

この紋を俯瞰して見れば、その謎はわかります。
これは、広重の「ヒロ」をカタカナで図案化したものなのです。

つまり、外枠となっている大きな菱が「ロ」、
そして中に入っている線が「ヒ」を表しているのです。

とっても単純明快ではありますが、
全体的な構図を菱形にまとめることで、
単純でありながら優れたデザイン性を発揮している点は、
絵師として培われてきた美的センスが役に立ったのでしょうね。

また、菱形という簡単な図形にすることによって、使い勝手もよくなります。

実際、『原 朝之富士』『赤阪 旅舎招婦ノ図』『白須賀 汐見阪』でも、
このヒロ菱が作品の中に取り入れられ、
作者の愛着ぶりと遊び心が偲ばれます。

歌川広重は、本名を安藤重右衛門といいます。
父は源右衛門といい、江戸幕府定火消の同心、
つまり武士であり、御家人でした。

定火消(じょうびけし)とは幕府直轄の消防隊のこと。
広重は、わずか13歳で家督を継ぎ、定火消同心となりました。
歌川派に入門し、絵師としての人生が始まるのはその数年後のことです。

安藤家の家紋は、残念ながら今に伝わっていません。
江戸幕府は、徳川家親類をはじめ、諸大名、旗本の家系を収集して
資料としてまとめたものがありますが、御家人はその範囲外でした。

通常、家紋は服飾品や身の回りの品に取り付け、
所有者を明示する役割があります。
広重ゆかりの品にも、きっとそれがあったことでしょう。
しかし、こちらも残念ながら、広重の遺品はほとんど今に伝わっていません。
数少ないゆかりの品に、死絵があります。

440px-portrait_a_la_memoire_dhiroshige_par_kunisada

(wikipediaより画像引用)

死去した人物を追悼するために描かれるもので、
広重の死絵は、門弟の歌川国貞が描きました。
画中の広重は着物に羽織を身にまとって正座をし、
羽織にはヒロ菱があります。
武人として生まれ、画家として生涯を生きた証として、
ヒロ菱は今にも残されている。そのように思えます。