金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

藤澤浮世絵館に行ってきました

浮世絵木版画ブーム、きてますよね!?
そんな気がしてなりません!

だって、
いろいろなところで
浮世絵を見かけます!

電車の車内吊り、
駅貼りポスター、
広告、CMなどなど
浮世絵をモチーフにさまざまな
見せ方で展開されているわ!と
ワクワクしています。

そう、ここ
「藤沢市藤澤浮世絵館」も
グイグイきてます。

1
JR辻堂駅の北口を出て徒歩5分。
ココテラス湘南という建物の7Fにあります。

こちらは今年の7月にオープンしたばかり。
(写真撮影の許可はいただいております)

2
東海道五十三次コーナー、藤沢宿コーナー、
江の島コーナー、企画展示コーナーに
わかれて展示されています。

濃紺の壁に浮世絵の展示が
なんともいえず美しい。
絵が引き立つという感じでしょうか。

そういえば美術館で見る時って
ほとんど壁面は白ではないですか?

う〜ん、なるほど、壁の色も
作品にかなり影響があるのだなぁと
あらためて感じました。

3-a
作品を鑑賞するだけではなく、
こうして用語解説も展示。

3-b
組上げ絵
「明治座 新狂言 富士の人穴 舞台」拡大模型
という作品が飾られていました。
見せ方も工夫されていますよね。

4-a
かわいい…。

4-b
双六、自由に遊べますよ。

はい、そして
またまた「摺り体験」してみました!

ワシワシゴシゴシ
摺りの模様をお伝えします。

5
ワシワシ!

6
さらにワシワシ!
ほんとうにチカラが必要。
しかもまんべんなく、
色が行き渡るように。

7
鼻息をとめて
ゴシゴシ!
和紙は裏写りするので
経過がわかっていいですね。

8
できました!

9
なにを摺ったかと申しますと
歌川広重「相州江之島金亀山」でございます。

絵のサイズが少々変わっていますよね。
この形は、団扇に貼るために
作られた「団扇絵」なんですって。

この摺り体験、
開館中はいつでも出来るそうで、
スタッフさんがそばで教えてくれるので安心です。

浮世絵って
情緒があるし、
ユニークだし、
奥が深い!
いつもいつもですが、
その世界に引き込まれます。

にほんブログ村 美術ブログ 美術情報へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ