金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

展示会7日目。外はとっても寒いけれど心はホカホカ。

寒い、寒すぎます。

ヒートテックを二枚重ねしてみたものの
「寒い」。

雪のような
みぞれのようなものが
降るなか、出掛けました。

茶倉さんの看板犬ムーちゃんの後ろ姿。
寒さも吹っ飛びます。

ここのゆず茶が美味しくて
やみつき。

さて、この強烈に寒いなかを
日本デザイナー学院時代の友達が
見にきてくれました!

嬉しいなあ。
ありがたい。

ちょっと飲みに行きましょう(私は飲めないんですけどね)ってことで
茶倉さんから歩いて、そうね3分くらいのところにある店に。
彼は都内で会社を経営して、もう20年経つのだとか。
継続できるって、それは本当に素晴らしいこと。
彼の人徳もあるんだろうな、
そういう顔をしていると思いました。
なんとなく。

茶倉さんもこの1月で15周年。
お店を切り盛りしているオーナー奈緒さんに
惹かれて来店するお客様が多いこと、多いこと。
気持ちはよくわかる。
ベタベタした接客ではなく、ものすごく絶妙な距離感を持って
接しているふうに見て感じました。
そして全体のお客様のことをよく見てる。
(あら、私、偉そうに語っちゃいましたね)


飲みに行きましょうと言って来た
こちらのお店(名前がわからない)もいい感じでした。
魔女グッズのお店のお隣でした。