金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

風呂敷包みを引っ張る? 豪快あっぱれな客引き風景

目にも鮮やかな紅葉や美味しい食べ物が盛りだくさんの秋。
どこか旅に出かけたくなる季節の到来です。

江戸時代、こうした行楽のことを
物見遊山(ものみゆさん)と言っていたそうです。
見て字の如くという感じですよね。                          

浮世絵で旅と言えば、
歌川広重の「東海道五十三次」でしょう。
ガイドブックの役割も果たしていたといわれる「東海道五十三次」。

今回はその中から、
宿場の宿でのユーモラスな人間模様を描いた
作品をとりあげてみたいと思います。
それは…!
なんといっても…!
「御油 旅人留女(ごゆ たびびと とめおんな)」ではないでしょうか!?

1

(くわしい作品情報はこちらになります↓)
https://www.kanazawabunko.com/?pid=60513344

東海道五十三次の35番目の宿場「御油宿」は
現在の愛知県豊川市にある御油町。

街道の両側に旅籠が並ぶ、夕暮れ時のひとこまですが…
大変です、豪快な客引きが始まっていますよ!

なんとしてでも旅人を自分の旅籠へ
引っ張り込もうとする二人の留女。

手前の旅人は背負った風呂敷包みを引っ張られ
苦しげな表情。

2

「ちょっとあんた! うちにいらっしゃいよ!」
「…ううう 苦しいじゃねえか!」
「いいから! うちにおいでなさいよ!」
そんな声が聞こえてきそうです。

うしろの旅人はもう一人の留女に
がっちりと袖をつかまれているのでしょう。
かなり抵抗しているにもかかわらず
留女は力を緩める気はまったくなさそう!

これほどまでに強引で豪快な客引き、
あっぱれで笑いが出ちゃいますね。

十返舎一九の『東海道中膝栗毛』のなかで
弥次さんは留女のことを
顔に白粉(おしろい)を塗りたくり、
お面をかぶったようだと言っています。

そんな気合い十分でパワフルな留女たちと
対照的なのがこちらの二人。

3

力ずくの客引きを
「あ〜あ、またやっているわ」と言わんばかりに
涼やかな表情で通り過ぎようとしている女性。
もうひとりの女性は、
旅籠からほおづえをついて客引き合戦を眺めています。
客引き合戦は毎度のことだったのでしょうね。

4

そしてこちらは強引な留女に引き込まれたあとの
武士でしょう。

宿泊が決まると、お客が足を洗うための
たらい湯を女中さんが運んできてくれだのだそうです。
旅籠は、朝夕の食事を出し、食事は基本的に一汁二菜。
このほかにお酒とつまみが出たそうです。

留女と旅人の闘いをユーモラスに描き、
登場人物ひとりひとりの表情が際立っていて
じーっと眺めてしまいたくなる作品です。

にほんブログ村 美術ブログ 美術情報へ にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ