金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

大磯宿 ~そこは長い海岸のある街~

大磯宿は東海道五十三次の8番目の宿場。『虎の雨』の題名の通りどことなくさみしさが漂う
雰囲気ですよね。

tokaido_09

『虎の雨』のタイトルは当時の歌舞伎の演目

曽我物語

に登場する兄十郎の愛人、虎がその由来。

兄弟が仇討ちを果たした夜に降った雷雨。この時の雨は十郎との別れを嘆く虎の涙だということで、虎が雨といわれています。

現代に生きる私たちにはどちらかというと夏のイメージが強い大磯。

曽我物語が当時とても人気のあった作品であったため、当時の人にとってはこの作品の
イメージが強かったのではないでしょうか?

店主解説動画はこちら