金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

暑い時には熱いもの、雪降りの日は雪景色の浮世絵を

今日は関東も雪、雪、雪。

真っ白な景色になっています。

外を走る車や人も少なくなってきました。

こちらの作品も

深々と雪が降り積もっていますね。

これは、歌川広重の「浅草 金龍山」です。
(実際の作品には、右下に見える白いマークは付きません)

広重渾身のシリーズ「名所江戸百景」の中の名作。


全体をあえて描かないことで、
大提灯の大きさを感じることができます。


大提灯と同様、
こちらの門も一部を見せることで、
その存在の大きさを感じます。



降る雪、木々に積もった雪。
画中の雪はすべて「空摺り(からずり)」で表現されています。

「空摺り(からずり)」とは、
版木に絵具をつけずに
手に握った馬連で強く摺って
彫り跡どおりの凹凸を和紙に写し出す技法のこと。
いわゆる「エンボス加工」です。

降り積もる雪のふっくらした感じが伝わってきますよね。