金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

アイドルゆえの悲しい運命? 弊社はおきたさんの恋を応援します!

前回のブログ
あの、茶屋のアイドル「おきたさん」
バレンタインをイメージして作ってみたところ
大好評を頂きました!
ありがとうございます!!

そこで。

調子に乗って
別バージョンも妄想してみました!

 赤いギンガムチェックを借景に

可憐な女の子の恋心を表現してみました。

カップの色をナチュラルにし、

全体のカラーバランスを取っています。

 ふわっとした布地のような赤色に

「愛」の文字を置いてみました。

これも雰囲気があって面白い世界観が生まれました。

こちらが本家本元の作品です。

喜多川歌麿「高名美人六歌撰 難波屋 おきた」

彼女は江戸中の男性のハートをわしづかみし、
おかげで難波屋は大儲かりしたということで、
「金箱娘」なんて言われていたそうですよ。

おきたさんの絵を飾っていたら何かイイことありそうな!?

こちらも金箱娘おきたさんを描いた作品です。

喜多川歌麿「名所腰掛八景 鏡」

手鏡の縁を中心にし、対称に描かれた左手が

何とも不可思議な演出。

手鏡を持つ右手も加わり、幾何学的な遊びを感じますね。

金箱娘「おきたさん」。

アイドルゆえ、本当に好きな殿方に
近づけない、なんてこともあったかもしれないですよね!???

そんなおきたさんの恋が成就しますように!