金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

ドキュメンタリー映画『大英博物館 プレゼンツ 北斎』が凄い

先日、横浜中区若葉町にある映画館
ジャックアンドベティさん
(ここがとってもレトロな味わい深い良い映画館なんですよ)で
『大英博物館 プレゼンツ 北斎』を観ました。

2017年5月〜8月にかけて
イギリス・ロンドンにある大英博物館で開催された
『Hokusai:Beyond the Great Wave』をフィーチャーし、
展覧会の舞台裏や北斎の作品を今までにない
驚くべき詳細さで体験することができる、
北斎に関する映画としては初の長編ドキュメント。
(映画リーフレットより引用)

やはり葛飾北斎という人物は、物凄い存在感ですね。
もうこの世にいないというのに、
これほどまでに人の心に、熱をもってにじり寄ってくる。
それは作品からはもちろんですが、
北斎の生き様からもジリジリとにじり寄ってくる。

『あんた、本気で生きてるか?』
そう問われたようでした。

また、
日本の映像技術によって、
北斎の作品を今までにない驚くほど隅々まで見ることができ、
名作の新たな解釈など、
どのシーンもまばたきするのが惜しいくらい見逃せません。

そして
北斎研究者のロジャー・キース氏。
コメントしながら思わず嗚咽する彼の熱量も凄い。

赤富士、浪裏をはじめ、
すべての作品に宿る北斎の魂。
彼の生涯に魅了される圧倒的な87分でした。

映画の後は、あらためて赤富士と浪裏を観たくなりました。

凱風快晴

神奈川沖浪裏

素晴らしい作品を
取り扱わせていただいていることに
あらためて感謝の気持ちでいっぱいになります。