金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

江戸絵画の見かたを学んできました

秋晴れのなか、
「おとなのアート&デザインの学校 CORNER」に行ってきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23-59-45
アートやデザインを1から学ぶ大人のためのスクールなのだそうです。
授業一覧を見るとどれも気になるものばかり。

なかでも私の場合はやはりこちら、
「江戸絵画の見かたを身につけよう」が
気になって仕方ありません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-0-04-46
そこで、行ってまいりました!

内容は
『江戸時代に活躍した個性豊かな絵師たちと
作品の見どころを年代順に解説!
時代を超え、現代にも影響をあたえる
江戸絵画300年の流れをたっぷり学ぶ入門講座』

いや〜
おなかいっぱい、という感じでした!
2時間の講座は中味がぎっしり。

江戸絵画の母体をつくったとされる狩野探幽(かのう たんゆう)からはじまり、
総勢43人の絵師の作品を見ながら、
講師の安村敏信先生のユニークな解説に聞き入ってきました。

安村先生は日本美術史学者で、
社団法人日本アート評価保存協会事務局長・国際浮世絵学会常任理事をされています。
著書もたくさんあり、そのなかのひとつ「絵師別江戸絵画入門」を
私は読んでいます、というか読みはじめました。
江戸時代300年の絵画の流れがひと目でわかる入門書ということで、
ページをめくるたびに新しい世界を知ることができます。

img_9452

安村先生の講座を聞いて、
すっかり江戸絵画にハマってしまい、
帰り道に購入したのです。

講座のなかで、
歌磨や写楽、北斎、広重が出てくると
普段、復刻版浮世絵で接しているせいでしょうか、
人混みのなかで親しい人に会ったような
妙な嬉しさを感じました。

安村先生の解説がとてもわかりやすく、
しかもプッと笑える場面も多々あったので、
また講座を開いてほしいなあと思います。

そんな感想を伝えつつ、
校長の稲葉裕美さんとしばしお話をさせていただきました。

img_9418
「絵画はわからないまま見るよりも、
学んで知ってから見ると、
とっても面白いと思います」と稲葉さん。

はい、まったく同感です!!

そんな稲葉さんのアツイ想いはこちらにリンクしますね。
http://art-corner.jp/?page_id=103

さて、講座はこうしたお部屋で受けました。
img_9415

ハンモックがあったり。
img_9416

となりのお部屋もすてき。
img_9417

江戸絵画と安村先生の解説とCORNERに刺激を受けた秋の1日でしたー!

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ にほんブログ村 美術ブログ 美術情報へ にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ