金沢文庫 | 復刻版浮世絵木版画専門店
■ 金沢文庫ブログはこちら!ほぼ毎日更新中。 ■

彫師さんの工房で「鑑賞されることのない絵」に出会った

matsudab

彫師さんの工房から
数え切れないほどの校合摺り(きょうごうずり)が出てきました。

校合摺りとは、
主版(おもはん/線画を残して彫る)を彫り終わった段階で
色指定を行なうために摺られる墨摺絵のこと。
色指定をされた校合摺りは、
版木に貼られ、それぞれ必要な色版に彫られていきます。

これが残っているって
実はとっても貴重なんです。

ですから、この束を見た時、私たちは
「オォ〜!!」と雄たけびを上げてしまいました。

こんな素晴らしいものに出会えるなんて・・!!
いわゆる、「鑑賞されることのない絵」なんです!

matsudaa

彫師さん、
「ほらね、こんなのもあるよ」と
ご自身の座布団の上にサラッと置きました。

座布団の柄と
美人画がなんとも面白いバランスです・・!!